COMPACK



製品動画

ページの先頭へ戻る

特長

シンプルなデザインとコンパクト設計

ハイポイドギヤを内蔵したギヤドモータ採用により、コンパクトに設計されており、成形機の脇に無理なく置くことができ、排出されるランナを即時処理する粉砕機として最適です。
更に、従来の粉砕機のイメージを一新したシンプルなデザインは、工場の作業環境を明るくします。

MC250-7


清掃が簡単、完璧に

使い易さを追求したサイドカバー開閉構造。
両側のサイドカバーを開けることにより、内部の粗砕刃、粉砕刃が丸見えになり、材料替え時の清掃が簡単、完璧に行えます。
さらにオプションとして、エアクリーン機能を用意しました。清掃時間の短縮が可能となります。


ミスカット皆無

投入されたランナは粗砕刃および粉砕刃を一度通過するだけで、所定の大きさに粉砕されるため、過粉砕が抑えられます。また独特の櫛歯型粉砕刃からはミスカットが出ず、スクリーンレスのため目詰まりしません。


長寿命

粗砕刃と粉砕刃の数が多く、切刃部分の累積長さが大きいので、1枚の切刃にかかる磨耗負担が小さく、長寿命です。
かつ耐磨耗性の高い工具鋼を採用していますので、ガラス入材料専用に使用しても、長期間安定した粉砕粒が得られます。

低騒音

低速回転ギヤドモータをチェンやVベルトを介さずに、ロータ軸に直結して使用しているため、低騒音です。
また、低回転のため粉塵の発生がなく、作業環境を良好に保ちます。

省電力

理想的なカット構造により、効率的な粉砕を行うので、消費電力は僅かです。

エアクリーン (オプション)

コンパックに『エアクリーン』機能を追加しました。(オプション)
コンプレッサ・エアを繋ぐだけで簡易清掃が出来ます。
清掃時間が短縮でき、残留粉で床を汚しません。

エアクリーン
エアクリーン比較試験

※比較試験の為、通常よりも細かな材料を使用しています。

ページの先頭へ戻る

累計販売実績

プラスチック・ランナ粉砕機のスタンダード

多くのお客様にご好評をいただき、累計販売台数は 7,000台 を突破。
国内のほか、北米、中国、東南アジア諸国などの射出成形工場で、グローバルに活躍しています。

ページの先頭へ戻る

仕様

  MC120-2 MC160-4 MC250-7 MC400-15
ギヤドモータ 0.2kW 4P 200V 0.4kW 4P 200V 0.75kW 4P 200V 1.5kW 4P 200V
粗砕刃回転数
50Hz/60Hz(rpm)
20/24 21/25 15/18 14/17
粉砕刃回転数
(rpm)
37/45 50/60 50/60 50/60
本体間口寸法
(mm)
120×120 160×160 250×250 400×400
ランナ寸法
(Lmm,Dmm)
~100,~6 ~140,~7 ~230,~9 ~380,~12
受箱容量
(L)
20 20 40 40
吸引受箱容量
(L)
10 10 18 18
機械寸法
(W×L×H)
310×420×880 315×425×980 425×665×1195 540×965×1370
機械重量(kg) 55 70 170 340

ページの先頭へ戻る

Q&A

粉砕刃の磨耗について
お客様の使用頻度により磨耗の度合いは大きく異なりますが、ガラスフィラーの入っていないプラスチックを、メンテナンス無しで10年間使用した多くの実績があります。
機種選定の目安は?
型番のMCの後の数字を、ランナの長さの目安にしてください。詳細は、COMPACK(仕様)ページのランナ寸法をご確認ください。
掃除は簡単ですか?
両側のサイドカバーを開けることにより、内部の粗砕刃、粉砕刃、固定刃が丸見えになり、完璧な掃除が短時間で出来ます。

ページの先頭へ戻る