Cut&BLENDER



特長

自動混合で作業の省力化

プラスチック・ランナ粉砕機、バージン材タンク、混合タンクより成り、粉砕材とバージン材を混合し、一定量(約5kg)の混合物を連続的に用意します。
従ってバージン材を補給するだけで無人運転が可能になります。


コンパクト設計

コンパクト設計なので成形機の脇に無理なく置けます。
排出されるランナを即時粉砕、混合する粉砕混合機として最適です。


抜群の清掃性

混合タンクは引き出し式ですので、材料替え時の掃除が簡単です。
また、粉砕機は定評のあるCOMPACKシリーズを使用してるため、こちらも掃除が簡単、完璧に行えます。


選べる2仕様(CBA型、CBR型)

全ての粉砕材を全量還元するCBA型、粉砕材とバージン材の混合比率を制御できる定量還元のCBR型を選択できます。

ページの先頭へ戻る

仕様

  CBA120 CBR120  CBA160 CBR160 CBA250 CBR250  CBA400
粉砕機型式 MC120-2 MC160-4 MC250-7 MC400-15
バージン材
タンク容量(L)
50 50 100 100
機械寸法 W400
×
L905
×
H910
W400
×
L1140
×
H910
W400
×
L905
×
H1010
W400
×
L1140
×
H1010
W510
×
L1205
×
H1195
W510
×
L1410
×
H1195
W540
×
L1620
×
H1390
総電気容量(kW) 0.25 0.45 0.8 1.55
※仕様および寸法は予告なしに変更することがあります。
※CBRシリーズはコンプレッサエアを必要とします。
※全機種、電源コード長は4.5mでコネクタは附属しませんので、ご用意下さい。

ページの先頭へ戻る

Q&A

CBAシリーズとCBRシリーズの違いは?
CBAシリーズは、全量還元タイプです。射出成形機より排出されるランナを、100%リサイクル可能な成形に使います。CBRシリーズは、定量還元タイプです。ランナの混合比率に制限のある成形に使います。
混合比率の変更はコントロールボックスで簡単に行えます。
混合比率は一定ですか?
CBA、CBRシリーズ共に、ランナが一定サイクルで粉砕機に投入されることを前提にコントロールされますので、 一度に大量のランナを入れたり、不良品を入れますと、混合比率が大きくなりますからご注意ください。
掃除は簡単ですか?
混合タンクは引き出し式ですので、材料替え時の掃除は簡単です。

ページの先頭へ戻る